あいさつ1つでもいろんな影響があります

社会人にとって、あいさつはとても大事ですよね。
よく、登下校の小学生たちに道で出会うと、知らない子でも「こんにちはー!」と元気に言ってくれて、「こんにちは」と思わず笑顔で応えてしまいます。学校でいい教育されてるんだなあと、感心してしまいます。でも、大人どうしは、よほどのご近所で知ってる人にしかあいさつしませんし、それが普通です。なのに、ウォーキングで朝早く歩いていると、同じくウォーキングしている人と、あいさつをかわすことができて、それは清々しいなあと思います。
社会的な状況もありますよね。現実、あいさつをかわしただけで、暴力をふるわれたり、ストーカーになってしまったり、という変質者だったりとか・・・。そんなことを考えると、こわくて、やっぱり知らない人にはあいさつできません。

それはさておき、どんなお店でも、あいさつひとつで、受ける印象が違うなあと思います。
先日、用があって、交通センターで高速バスの変更に行ったのですが、受付の人は、あいさつひとつないし、ぶしつけだし、私、何か悪かったかなあと思ってしまいました。街にあふれているコンビニも、そこの店員さんによって、行きたいコンビニ、行きたくないコンビニがあります。コンビニはアルバイトさんが多いと思うのですが、やっぱり、あいさつひとつでも、明るく親切にがんばっているところに行きたいと思います。あいさつがおざなりで気持ちがこもっていないと、やっぱりさみしいです。でもそれは、他人事ではなく、私自身も気をつけなきゃと思います。コンビニの仕事内容は確かに大変ですが、これからコンビニで働こうと考えている人も気をつけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です